HOME > 明治天皇聖蹟 > 第4回/二条城太政官代行幸

聖跡のご紹介

明治天皇 絵画と聖蹟「第4回 二条城太政官代行幸」

明治元年(1868)2月3日、明治天皇は太政官代が置かれた二条城に行幸されました。太政官代は江戸幕府に代わる新政府の中枢機関です。江戸時代の歴代天皇は御所の外に出ることは極めてまれで、明治天皇ご自身も初めての行幸でした。葱華輦(そうかれん)という御輿(みこし)に乗られた天皇は親王・公卿・諸侯を従え、京の街中をゆっくりと進まれました。

この行幸は、戊辰戦争のさなかのことです。前将軍の徳川慶喜は、行幸の50日前までこの二条城に滞在していました。二条城に着いた天皇は、有栖川宮熾仁親王(たるひと)を東征大総督に任じ、江戸に残る旧幕府軍を追討するよう命じられたのでした。

二条城は、京都における徳川家の居城として初代家康が築いた城で、108代後水尾(ごみずのお)天皇が行幸するなど、江戸初期において朝廷と幕府とを結ぶ舞台でした。

現在の本丸御殿は京都御苑にあった桂宮御殿を移築した建物で、明治28年の明治天皇の行幸の折、庭園が作庭されました。天皇が通られた東大手門は現在、城の入口として保存され、修学旅行生をはじめ年間約150万人におよぶ観光客を迎え入れています。

*聖蹟に行ってみませんか*

〔二条城〕京都市

世界遺産の二条城には、現在も二の丸御殿をはじめ数々の歴史の舞台が保存されており、有料で一般公開されています(休城日有り)。

■問い合わせ:075−841−0096

聖徳記念絵画館壁画「二条城太政官代行幸」(小堀鞆音画)
明治元年2月3日(1868年2月25日)二条城東大手門(京都)
拡大してみる別ウインドウで開きます
現在の二条城東大手門(提供 元離宮二条城事務所)
拡大してみる別ウインドウで開きます
明治天皇にとって最初の行幸地となった二条城は、現在京都を代表する観光地として知られている
拡大してみる別ウインドウで開きます
二条城の本丸御殿
拡大してみる別ウインドウで開きます

明治天皇ご意向を反映させて作られた二条城の庭園の一部
拡大してみる別ウインドウで開きます