HOME > トピックス > 座間支部 秋の大祭・郷土芸能奉納 「夫婦獅子舞」
11.12.01更新

座間支部 秋の大祭・郷土芸能奉納 「夫婦獅子舞」

11月3日、秋の大祭を奉祝して座間支部・鈴鹿長宿はやし保存会(代表 吉川充)による郷土芸能「夫婦獅子舞」が奉納された。地元、鈴鹿明神社の祭礼及び各種催しの際に披露される祭囃子で、おかめひょっとこ、もどきの掛け合い踊りで昔の農村での暮らしぶりを面白おかしく表現する「夫婦獅子」や「種まき」が演じられた。舞台を囲む多くの参拝者は愛嬌あふれる動きや表現に拍手喝采した。