HOME > トピックス > 町田支部 秋の大祭・郷土芸能 「三ツ目囃子」
11.12.01更新

町田支部 秋の大祭・郷土芸能 「三ツ目囃子」

例祭当日の11月3日、町田支部・三つ目囃子振興会(代表 中島賢市)による郷土芸能「三ツ目囃子」が奉納された。幕末に現在の町田市小山町三ツ目に伝わった神田囃子で、昭和38年には「町田市無形文化財」に指定された。昭和26年の当神宮例祭にも奉納しており、60年ぶり2回目の明治神宮への奉納となった。当日は、太鼓の拍子に合わせて緩急を付けて踊る演出が訪れた内外の多くの参拝者を魅了した。