HOME > トピックス > 川崎宮前支部 一支部一事業 映画上映
13.01.01更新

川崎宮前支部 一支部一事業 映画上映

11月25日、JAセレサ川崎宮前支店にて、矢澤支部長以下会員約80名が参加し映画上映会が開催された。

映画「うつし世の静寂(しじま)に」は川崎市北部を舞台に、代々受け継がれてきた伝承を守り続ける人々と風土との関係を収めたドキュメンタリー作品で、首都圏に残る伝統文化の継承について考えさせてくれる作品であった。

出席者は、今も地元に息づく伝統文化を再確認すると共に、近代化された街中に残る風習や伝統芸能を映像を通して見ることで改めて伝統文化継承の意義とそれを守り伝え行く為の人と人との絆の大切さを再認識する上映会となった。