HOME > トピックス > あきる野支部 一支部一事業「地元社寺巡り」
13.12.01更新

あきる野支部 一支部一事業「地元社寺巡り」

11月21日、あきる野支部の一支部一事業として第13回目の地元社寺巡りが実施され渡邉支部長以下会員100名が参加した。

先ず五日市に鎮座する小和田御嶽神社を小和田会館の斎場より遙拝。

支部役員による玉串拝礼や阿留多伎宮司による由緒説明がなされ、江戸宝暦期には「金峰山蔵王権現」と呼ばれ山岳信仰の要地だった事が紹介された。

続いて、廣徳寺に移動、臨済宗建長寺派の古刹として名高い同寺の簡素で重厚な文化財建築を拝観し、水口住職より講話を頂いた。当日は澄みきった秋晴れの下、

銀杏やもみじの紅葉も鮮やかで、清々しい雰囲気の中、健康促進と会員親睦を図った。